【再現】寿司で「サザエさん一家」を盛合せたら超豪華になった

シェアする

seihoukei
The following two tabs change content below.
辰井裕紀
野球のポジションでたとえると、「4番 ピッチャー」では無く、「8番 ライト」でも無く、「98番 駐車場」あたりを守っているような男です。

【再現】寿司で「サザエさん一家」を盛合せたら超豪華になった | ハイエナズクラブ日曜日の終わりのはじまりを告げる国民的アニメ、サザエさん。あの登場人物はなぜか海産物の名前ばかり付けられている。

それらは奇しくも寿司ネタでおなじみの名前ばかりだ。幼少時代にけっこうサザエさんを観ていた僕としては、「いつかぜんぶ寿司で食べてみたい」という野心をひそかに燃やしていた。

今回はそれを実行に移し、子供のときからの夢をかなえる。

サザエさん一家を集める

DSC_7638

渋谷の新南口の寿司屋と言えばココ

まず渋谷在住の下流がギリギリ行ける激安回転寿司屋といえば「天下寿司」。まずはここで手に入るだけの寿司を揃える。

DSC_7661

最安価格帯は125円

ヒマさえあれば中島と野球をしている「カツオ」、あの顔でまさかの27歳という「アナゴさん」、実はイタリア語を話せるらしい淑女「タイ子」、そして「タマ(玉子)」の4種類を買った。

入れものはコレ。こちらはサザエさん一家のゴッドマザーこと「フネ(舟盛り皿)」を買ってみた。こちらは1385円。早くも痛い出費だ。

業界では有名らしい「福井クラフト」の業務用漆器

業界では有名らしい「福井クラフト」の業務用漆器

こちらに買った寿司をどんどん乗せていく。第1段階では、これだ。

違う家の者同士が、微妙な距離感を持って座る

違う家のひと同士が、微妙な距離感を持って座る

・カツオ(125円)

・アナゴ(185円)

・タイ子(125円)

・タマ(玉子、125円)

・フネ(舟盛り皿 1385円)

まずは3人+1匹がフネに鎮座した。いわばフネ(52歳)の女体盛りというわけだ。想像して危険な香りと吐き気がしたところで、次のお店へ行ってみよう。

引き続き登場キャラの寿司を探す

やってきた渋谷西武

ハイソな渋谷西武

渋谷の雑多な雰囲気の中で、ひときわハイソな空気を醸し出す渋谷西武。ここにぜひ行きたい店があった。

食べログで3.58を誇る「回し寿司 活 西武渋谷店」

食べログで3.58を誇る店

東京の回転寿司の中で、堂々2位の食べログ点数3.58点を誇る「回し寿司 活美登利 西武渋谷店」。そんな所に場違いな僕が参上してしまった。ここにも持ち帰り寿司があり、手に入れたのがこれだ。

うまそうな寿司。しかしマスオが横転している

うまそうな寿司。しかしマスオが横転している

驚いたときの声の素っ頓狂さに定評のある「マスオ(トラウトサーモン(鱒))」、そして「チャーン」「ハーイ」「バブー」の3つの言葉のみでコミュニケーションを成立させる驚愕の1歳児「イクラちゃん」、公式サイトでも「年齢は24〜26歳」と定まっていない「ノリスケ」、そしていつでも敬語を忘れない貴族な3歳児「タラちゃん」が揃った。

「フグ田」はふぐの天ぷら寿司で

「フグ田」はふぐの天ぷら寿司で

さらにサザエさん・マスオ・タラちゃん一家の単なる「苗字」である「フグ田(270円)」もおどろきの仲間入りだ。

もう、けっこう揃ってきた

もう、けっこう揃ってきた

マスオ(トラウトサーモン(鱒) 140円)

イクラちゃん(378円)

ノリスケ(海苔 108円)

タラちゃん(鱈の白子 324円)

フグ田(フグの天ぷら 270円)

ここに来て、かなり揃ってきたサザエさん一家。アニメでは2〜4等身ボディでコミカルにはね回る彼らが、みごとおいしそうな1等身ボディ(寿司)に変化している。あとは、主役のサザエさんたちを見つけようじゃないか。

次ページに続きます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする