「芸能人レシピ本コレクション」の世界を味わおう【再現料理つき!】

シェアする

geinoueye
The following two tabs change content below.
赤祖父(赤ソファ)
青ソファ、黄ソファ、赤ソファの三色からなる「徳ソファ」から分離したうちの一人。三人がふたたび一人に戻るとき、大勝利が待っているという。

いつもお世話になっております。

今回は、私がキチンと自腹切って集めているこちらのコレクションについてご紹介いたします。

DSC02237

芸能人のレシピ本コレクションです。

サバとかと同じで、非常に鮮度が大事なジャンルの本です。それゆえ旬を過ぎると非常にリーズナブルに入手できます。しかし冷静に考えてみてください。

芸能人のレシピ本、読んだことがありますか?

芸能人のレシピ本で、料理を作ったことがありますか?

……「そう言われれば、無いよね」という方が殆どかもしれません。

というわけで今回は、見たことがあるようで誰も中身を見たことのない、そんな不思議な「芸能人レシピ本」の世界を少しだけ引用しつつご紹介したいと思います。

また更に、そのレシピからひとつ実際に料理を作ってみようと思います。ちょっと長い記事になるのでゆっくりご覧下さい。

それでは早速、味わい深い芸能人レシピ本コレクションの世界をどうぞ。

■辻ちゃんのウマかわゴハン(辻希美)

DSC01783

まずは、息を吐けば炎上するでお馴染みの辻ちゃんです。第二段までわざわざ買いました。辻ちゃんのレシピ本の特徴は、要らない私生活情報盛り沢山なのは勿論ですが、そのレシピのシンプルさにあります。

例えば、

DSC01784

アボカドとのりの佃煮

要するにアボカドにごはんですよをかけただけです。

DSC01785

エコ半熟卵

わざわざ電源の入ってない炊飯器にお湯をいれて1時間も待つそうです。というかこれはレシピなんでしょうか?

DSC01786

まあ上記は極端な例ですが、その他おにぎりカレーうどんといったレシピもありました。

(こんな調子で続きます)

■品川食堂(品川ヒロシ)

DSC01790

この感じで定価で買う層がいる(た)のがよくわかりません。ルックスは完全に「餃子の王将」のバイトみたいなのに家系ラーメン屋みたいに腕組みされても……。

内容のほうも、

DSC01791

フォントづかいと構成がムカつきます。オシャクソサブカル野郎が大学のサークルのビラを作ったみたいなノリでしょうか。とにかく料理を作る前からイラついてくるという至極の一冊です。

DSC02252

内容は男のチャチャっと系や既製品にひと手間、みたいなのが多いのですが、もはやこの字間にすら腹が立ってくるのでこの辺でやめます……。

■グッチ裕三の早うまレシピ(グッチ裕三)

DSC01792

シリーズでかなりの冊数が刊行されていますが、どれも1円などリーズナブルな価格で入手できると思います。料理自体はとてもまともです。が、

DSC01793

なぜか見開きまるまる顔芸のページなどがあり、このニーズは完全に謎です。

DSC01794

はい。

■ロンブー淳の2人ごはん(田村淳)

DSC02238

料理できるキャラを推すこともあったのがちょっと意外ですが、なぜか恋愛のプロ的な扱われ方だったロンブー氏の本です。ベクトルとしては品川氏のやつに近いかもしれません。

DSC02239

中身の半分くらいはレシピではなく、料理にちなんだ恋愛テクニックみたいなどうでもいいことがダラダラと書かれています。

(引用)

“「目覚ましは料理の匂いや音だといい。相手が喜ぶ寝起きのサプライズ演出をするんだ。これはアーモンドを砕く音で相手に起きてもらう作戦」”

このあたり、5年後くらいに本人のバラエティ番組で

「クサいノリでこんな恥ずかしいこと言ってた」的に採り上げられ、

本人もまた恥ずかしそうに「ヤメロ!ヤメロよ〜!」とか言ってキャッキャする、

みたいなノリで使われそうですね。

(予言が当たったらなんかください)

■石原軍団 炊き出しレシピ(石原軍団)

DSC01780

炊き出しと言えば石原軍団、石原軍団と言えば炊き出し、「男には二種類いる、炊き出す男か炊き出される男かだ」でお馴染みの石原軍団です。あと今の名言風の言葉はウソです。

DSC01781

炊き出しの大定番といえばやはりカレーです。石原軍団のカレー、真面目に気になるのでこれはこれで今度作りたいですね。

ところで、この記事で紹介したいポイントは、というと……

DSC01782

石原軍団の炊き出しビシソワーズです。すごい炊き出し方ですね。このエレガントな炊き出しができる石原軍団の男気、たまりません。これからもビシソワーズの炊き出しについても頑張って欲しいです。

■小森純のモトカレレシピ(小森純)

DSC01788

バカギャルキャラで売っていた頃の小森純もレシピ本を出していました。この口を開けている間にレーザーを打ち込めば倒せる、とゲーマーの間では評判でした。

さて、レシピのほうは割とまともというか、結構ふつうではあったのですが、例によって能書きをタレるページに滋味が広がっていました。

DSC01789

(引用)

 “ウチが作る料理は、基本、超カンタン。だから、ちゃちゃっとできる。「ニンジンを型抜きして〜」なんて、オトメなやり方はウチのキャラじゃないし、ぜって〜やらない。”

とのことです。

……それでは次のこちらをご覧下さい。

DSC02240

……数年後、小森純の節約レシピとして帰ってきました!

ペニオクで散々な目にあった彼女、すっかり口を閉じて写真に写ることも覚え、大人になったようです。モトカレレシピというそもそもレベルで意味のわからない概念も捨て、「節約」というペニオクのステマで覚えた難しい言葉をテーマにしています。

DSC02241

内容は、料理の先生に教わるという形式を取って、芸能人レシピにありがちな「お前ほんとにそれ作ってるの?」感を払拭しています。更に一人称が「ウチ」から「私」に変化していることにも注目です。大人になるとはこういうことです。

いいですか、一人称を変わったものにしたところでそれは個性ではありません。後で自分の黒歴史を作りたくなければ今すぐやめなさい。

■東大卒女優 菊川怜の頭がよくなるレシピ48(菊川怜)

DSC02245

次は真逆の高学歴タレント。まだ「東大卒女優」で売っている頃の菊川怜のレシピ本です。古本で買ったらカバーがありませんでした。

DSC02245-2

この迫り来るタイプのフォント、すごくバカっぽいと思うのは私だけでしょうか。

ところで、頭がよくなるレシピとは具体的になんなのかというところですが……

DSC02246

このように、「不飽和脂肪酸を使ったレシピ」「カルシウムを使ったレシピ」など、いかにも知性(?)を醸し出すことを意識したような文句が並びます。はっきりいって「お前らバカだから5文字以上の単語が並んでたらスゲエと思うだろ?」みたいにナメられてますよね……。

DSC02247

不飽和脂肪酸を使ったレシピであるところの「かきあげ丼」です。

誰が「豊富な不飽和脂肪酸が情報伝達を担うシナプスの形成を促す」ことを意識してかきあげを食べるのでしょうか?

DSC02248

流石に菊川怜本人が書いたわけではないはずですが、「とにかくこういう屁理屈を書いておけば頭良さそうにみえるだろう」という魂胆が見て取れます。東大に対する逆差別と言えるかもしれません。東大生だって何も考えず牛丼ガツガツ食うんですよ?

■ようこそ「鳩山レストラン」へ(鳩山幸)

DSC02249

芸能人と言う括り方をして良いか微妙ですが、あの鳩山元総理の夫人、鳩山幸氏もレシピ本を出しておりました。2000年以降くらいはマクロビとかそういった一層アレゲな方面に傾倒していくようですが、この本は一応は普通に普通の食材が使われます。

ところで鳩山家といえばザ・名門というか、セレブ一族です。そんな鳩山氏が「いつものおかずで、いつでもウェルカム」と普段着の感じを強調しています。どんなものかと見てみると……

DSC02250

まぐろの漬け丼など、まあ普通ですね。安心しました。

と、思ったら……

DSC02251

40kgあるマグロを自宅でまるまる捌いています。

そんな一般家庭ねえよ。

では最後に、今回一番の問題作をご紹介します。

■ビッグダディ 痛快レシピ(林下清志)

DSC01711

「コダカラー清志」に愛称を変えようとしたにも関わらず一切定着しないことでお馴染み、大家族特番で有名になったビッグダディのレシピ本です。

bigresipi

ビッグダディの料理の独創性については、ちょっとググるとこのように幾らでも出てきます。この人のレシピ本というのがどの層に求められたのかはわかりませんが、まあとにかく本が出たのです。

内容の一例をご紹介しますと、

DSC01713

例えばそうめんを堅焼き風にしホワイトソースをかける「そうめんスパ」や、

DSC01718

そばの麺をスパゲティというか焼きそばのように使った「そばスタ」など、明らかに「本来の使い道でないやり方で人と違うことを演出したい」という中2スピリッツが感じられるものばかりです。別にそばに限らずスパゲティも十分安いと思いますからパスタが作りたいならスパゲティの麺でも買いましょう。

そしてこんなレシピも。

DSC01714

水ご飯。

または水飯(みずまま)などと言い、山形の郷土料理らしいのですが、山形といっても一部の地域のみだそうで、とある地方ネタがテーマのイベントで山形出身の来場者に質問してもその方はご存じなかったようでした。

そういえば、子供の頃は永谷園のお茶漬けの素とご飯に水かけて食べたこともあります……。

でもそもそも水ご飯というフレーズ自体が何か面白いので、これを再現してみましょう!

次ページで「水ご飯」再現!