【現役90歳】ミス門司推薦!夜の門司ガイド〜スナック・クラウン篇〜

シェアする

o0480048012683916749
The following two tabs change content below.
yoteco
ハイエナズクラブ北九州支局長でありホンモノのミスポート門司2013。門司マスコット「じーも」のグッズデザインや人形作成も手がけるくらいなのに、何故ハイエナズクラブに入ったかは不明。見た目はイケイケだけど中身は"コッチ寄り"です!

【現役90歳】ミス門司推薦!夜の門司ガイド〜スナック・クラウン篇〜 | ハイエナズクラブグッドも〜じんぐ。

I LOVE MJ(もじ)、yotecoです。

ミスポート門司の私がオススメする門司ガイド第二弾!

第一弾→【アート×海産物】よし子さんの店「ながと屋」(門司港)

今回オススメしたい門司のスポットは、

ママは現役90歳!珠玉のスナック・クラウンです。

JRで小倉の隣、門司駅(門司港の2つ手前)

その門司駅降りてすぐに私のいきつけのスナックがあります。

その名もスナック・クラウン。

来年で50周年を迎えるクラウン。

おそらく、日本でもここまで歴史ある店は数少ないのではないでしょうか。

そしてさらに驚くべきことに、ママは90歳。

今でもバリバリ現役で毎日お店にたっています。

▲先日9月14日で卒寿を迎えたママ

とてもチャーミングです!

ドアを開けると、やさしい笑顔で迎えてくれます。

その昔、全盛期にはカウンターに女の子は8人いて、

サラリーマンたちは走って席取りにやってくるほどの大人気店だったそうです。

その名残は今でもしっかり店内に残っています。

▲綺麗に整頓された店内

▲私の写真もそっと飾ってくれました

▲進化論のようなキラリ輝くセンスの陳列

クラウンには来るのはもっぱら常連さんばかり。

そのほとんどがママより少し若い女性客で、皆が集まるとカラオケ大会になります。

▲レーザーカラオケを楽しむ

ママは「古いのしかなくてごめんなさいね」と歌本を出してくれます。

私はもっぱら美空ひばりを歌いますが、新しいところではV6やマイリトルラバーなども。

お客さんから自然発生する踊りや口上が

BOXタイプのカラオケでは味わえない楽しさ。

▲仲良し2人組 (左:坂口さん 右:佐々木さん)

この日も坂口さんは十八番の「昔の名前で出ています」をチョイス。

イントロが流れると絶妙な間とテンポで佐々木さんが口上をはじめます。

「皆様、大変お待たせいたしました。

ただいまから素敵な歌が始まります。

どうか聞いてちょうだいなぁ。

それでは、張り切ってマラ切ってどうぞ!」

♪京都にいるときゃ〜しのぶと呼ばれたの〜

神戸じゃ〜なぎさと呼ばれたの〜

腕の骨折をものともせず坂口さんはのびやかに歌います。

間奏に入ると、また佐々木さんの口上です。

「今はなんてお名前ですか?」

「門司港のひめちゃん!ひめちゃんよ〜」

「あ〜それそれっ」

「ありがとさん」

即興の掛け合いも息ぴったりの2人。

最後に
私たち、2人あわせて”よごれよごれ”です

と衝撃のコンビ名を発表。

ママも私も涙を流しながら笑いました。

ママのカラオケの十八番は「十九の春」。

わたしにも十九も二十歳もあったのよ、と昔の写真を見せてくれました。

▲昔は節分には和装で出勤していたそう

▲若かりし頃のママ

40歳で始めたスナック。

それまで一度も水商売をしたことなかったママ。

クラウンと言う店名は

当時の愛車から頂戴したそうで、

今でもママはそれを毎日運転してきています(!)

そしてそのクラウンは亡き息子さんの形見だそうです。

「毎日お店にくるのはきつくないですか?」

「いいえ、楽しいの」

「すごいですよ」

「ぼっちゃんがね、ここにいたから」

「ああ・・・」

「それにこのレーザーカラオケもぼっちゃんが買ってくれたの」

「そうそう、その前に立っていつもニコニコしてた」

「だからね、どんなに古くなっても絶対に買い換えないのよ」

50年をかけて紡がれた歴史の紐が解けるたびに、

私は少し泣きそうになります。

▲リトル田中くんもご来店

先日9月14日が、ママの90歳の誕生日。

常連のみんなと誕生日パーティに参加しました。

▲90歳の誕生日を迎えたママ

少し遅れてきた佐々木さんは

「これママに持って来たよ」

パティスリーと書いてある紙袋を持参。

私は内心、ケーキ食べれる!と思っていたらビックリ。

中から出てきたのは、めざしの佃煮でした。

ママは「パーテーよ」と大喜び。

普段は露天商の佐々木さんの作った佃煮は絶品でした。

「あんたの歌を聴かせて」とリクエストをくれた佐々木さん。

美空ひばりの越後獅子の歌を歌います。

♪ところ〜変われど 変わらぬものは〜

人の情けのそでしぐれ〜

佐々木さんは私の歌をこれでもかというほど毎回褒めちぎってくださいます。

「美空ひばりが裸足で逃げ出すよ!」と言ったあとに

よ〜〜入れとるね バイブレーション!」

(※ビブラート効いてるの意)

▲月に一度のクラウン会にて(3000円で飲み放題)

古びたドアを開けるとそこに広がるキラキラとした世界。

ひとつひとつに心があたたまるそんなお店。

こんなに素晴らしい場所はそうそうない、と思います。

▲ママ直筆

ミスポート門司の私が最もオススメしたい門司ガイド、

それがこの珠玉のスナック・クラウンです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする