【アート×食】ミス門司推薦!秋のオススメ門司港ガイド〜よし子篇〜

シェアする

9
The following two tabs change content below.
yoteco
ハイエナズクラブ北九州支局長でありホンモノのミスポート門司2013。門司マスコット「じーも」のグッズデザインや人形作成も手がけるくらいなのに、何故ハイエナズクラブに入ったかは不明。見た目はイケイケだけど中身は"コッチ寄り"です!

【アート×食】ミス門司推薦!秋のオススメ門司港ガイド〜よし子篇〜 | ハイエナズクラブお久しぶりです。yotecoです。

朝晩はすっかり涼しいですね。

去り行く夏の背中が見え、着信のほとんどない携帯電話には、【秋刀魚と出会いの秋】という迷惑メールが届くようになりました。

秋・・・芸術に食欲に、色々なことが楽しいこの季節。

今回は、そんな秋にピッタリのミスポート門司の私が推薦する、

現代アートと食を楽しめるとっておきの門司港スポットをご紹介します。

ふらり、門司港を歩いているとこんなPOPを見つけました。

百万人の都市の台所を

あずかる小倉中央卸売市場の

海産物 仙崎かまぼこ お菓子の

卸問屋です。

プリミティブなタッチが強烈なインパクトを放つイラスト。

京都 のお 菓子どす おいしえ 食べて 見て

下ざさい ませ おおき に〜 (原文ママ)

わたしは引き込まれるように店内へ・・・

何を見つめ何を思う ぼうやのまなこ

同じ魚でありながらも、足元の金魚は愛玩され、頭上のふぐは食べられる運命の格差。

これは犬界でいうと、対等な立場にあるグーフィーと飼われる存在のプルートの関係性に似ています。

初期のX JAPANのようなヘアスタイルの少年。

何かわからない擬人化された動物。

新しいふきだしの書き方。

私は、もうこの2枚を見たときに確信しました。

天才がここにいる、と。

ふと見ると、店内にはびっしりのサイン色紙。

奥から明るい2人の女性が「あら、おいで」とこちらに手招きしています。

三つ編みの方が店主であり、絵の作者でもあるよし子さん。

私が手にしているイラストには、

いらっしゃいませ 新鮮なくだもの

とくにおやさいは 朝取りたて

安いから買ってください

とポエム調でストレートな言葉が綴られています。

初対面なのに「コーヒー飲んでいきなさい」と奥まで迎えてくれました。

THIS IS お・も・て・な・し JAPAN

「姦しい」と書いて、かしましい。

女が3人揃えば、とめどないおしゃべりがはじまります。

そこはいつしかグータンヌーボと化していました。

女子トークで盛り上がるのは、当然「性」の話です。

よし子さんは

「こんなの普通、誰も教えてくれんやろ?」と言いながら、男をつなぎとめるノウハウを教えてくれました。

<よし子流 男を虜にする3か条>

・男性と寝るときはパンツを履くな(履いたら拒否してるようで失礼にあたる)

・身に着けるならランゼリーにしろ

・自分の方からめちゃくちゃにしてやれ(性的に)

「これができたらな、旦那は弁当箱下げて必ず帰ってくる」とのことです。

「好きな男を見たときは、CHITUの方から熱くなるから、それが自分が惚れているかのバロメーター」とも。

<よしこ流 惚れた男を見分ける方法>

・ヘソから下がドクドクするかどうか

そしてふっと私の顔を見つめ

「あなたCHITU、小さそうやね」とぽつり。

<よしこ流 大きさを見分ける方法>

・男は鼻、女は口 を見よ(その大きさと比例する)

その後はそれぞれの初夜について語り合いました。

よし子さん、初体験後の女性の歩き方ものまねがめちゃくちゃ上手かったです。

イメージとしては木刀をつっこまれた感じで、とおっしゃってました。

奥にはよし子さんの描いた作品が膨大にあり、1点1点見せてもらうことに。

ちなみに全てただの趣味で書いているそうです。

しかし、どれも現代アートと呼ぶにふさわしいものばかり。

花畑の中のカップル

正直、説明不要なほど完成されています。

ファッションレベル高い。動きもいい。

森の音楽会

「たぬきですか?」と聞けば、

「これ空想で描くから、何かわからない」との返答。

「これかわいいでしょう?」と春をテーマにした絵を持って。

かわいい絵を持ちながらも、よし子さんのトークは炸裂します。

「私、こないだ財布拾ったんよ」

「ほー」

「4万円とサックがはいっとった」

「わははははは」

「それで届けたけど、落とし主が出てきてさ」

「どんな人やった?」

「男前の看護士やった。顔真っ赤にしとったよ」

「そらぁスキン見られたらね」

「で、中身確認するから、って私ニヤニヤしてた」

「恥ずかしかったやろうね」

「現金やらカードやら確認して、そのなかにサックもあるけね」

以下、特に気に入ったよし子さんの作品を紹介します。

天才と思いました、ほんとうに。

妙に色気を帯びている瞳や、独特な関節のつき方が◎

色彩感覚の良さもすばらしい!

ちゃっかりサインを書いてきました。

純粋なタッチの作品に、アダルトなトーク、そして美味しい海産物。

よし子さんには、門司港の栄町銀天街「ながと屋」で会えます。

〜次回予告〜

ミス門司推薦!夜のオススメ門司ガイド〜ママは現役90歳、珠玉のスナック・クラウン篇〜 お楽しみに

スポンサーリンク

シェアする

フォローする