TONYショールームへ行ってまいりました

シェアする

IMG_4178
The following two tabs change content below.
zukkini
ぼくはワンマン、まわりはイエスマン、ペットフードはドギーマンという感じで、我欲にまみれてダメになっていく組織を体現したいと思っております。

以前紹介した「TONY」のショールーム情報。記事公開後の反響は思いのほか大きく、程なくしてついにTONYの中山社長よりじきじきにコメントを頂くというミラクルが・・・・

おそるおそるメールをしてみたところ、こんな情報サイトの亜種以下にもかかわらず非常に丁寧な対応ですっかり調子にのってしまった僕は「取材したいんですけど・・・」という暴挙に出たわけなんですが、それすらも快諾。いやあ、ありがたいものですし、何でも言ってみるものです。

そういうわけで先日行ってきたTONYショールームについて、許可を頂いた範囲でご紹介したいと思います。


こちらが中山社長。SONYを独立後、独自の製品開発のために今回のこの「TONY」を立ち上げたとのことです。SONY時代に開発された商品の数々をお伺いしましたが、どれもものすごいものばかり。(「SONY」、「音楽」で大体察してください・・・それ以外にも色々)

コーヒー飲ませてもらったから言うんじゃ無いですけどね、そんなすごい人なのにものすごく話しやすい方です!(コーヒーも飲みやすい温度です!)

そんなわけで、喫茶店かってくらいに長々と1時間も居ちゃったわけなんですが、その間、分かりやすい説明で勉強不足の僕にも初歩から色々と教えていただきました。

基本的には最近リニューアルされたHP(コチラ)に詳しく載っているので、商品の細かいところはそちらを見ていただきたいのですが、僕なりに説明させていただきますと・・・・]

現在リリースされているのがスピーカー構成2chのTSR-800と

そして2.2ch、サブウーファー付(台の脚内側に内臓)のTSR-800A。

テレビ用、DVDなどの光メディアは当然のこと、MP3プレイヤー、SDカード、USBメモリ、などからライブラリを作ってそちらからも再生出来ます。

イヤフォン用ジャックに差し込む方式も可能ですので、いうなればPCや各種ポータブルプレイヤーからの再生も可能です。

こういう製品によくある「Apple製品向けのドック有無」についてお尋ねしたら「ライセンス使用料で1台当たり数千円定価が上がる」とのこと。「それに小さい会社だとまず相手にすらしてくれない」という現実も教えてくれました。Appleさんよう・・・


(※テレビ・DVDの音質チェックは今なら漏れなくGAGA様で。割と真面目な話をしている間にドンドン脱いでいくKYなGAGA様に、ショールームは一時騒然、妙なムードになりました)

気になるお値段、現在2.0chタイプで現在スペシャルプライス19,800円、2.2chタイプが24,800円となっております。これものすごく安いと思います。素人なりに一応自宅ではMarantz(マランツ)のアンプ・スピーカーを使っている僕なのですが、TONY製品、音はビックリするくらい上質です。

ドルビーサラウンドシステムを使わず、独自のサラウンドで勝負されている点も注目です。実際にドルビー使って比較してみてもほとんど変わりなかったそうです。(ドルビーのライセンス料もまたこれ、定価が数千円UPしてしまうそうですぜ・・・!)

こちらが今後発売予定の製品。スピーカー2chのみですが、かなりの迫力でした。

3サイズ検討中で、どのサイズで今後発売するかは市場調査で決めるとのこと。鏡餅のようなピラミッドの頂点には、SONYのPC・・・・!先輩後輩、電機業界の上下関係を見ているようだ!

耐荷重は100kg以上。これ自体がテレビ台になり得ますのでそのまま上に置いてもらえれば簡単にホームシアターが出来てしまうというわけ。お手軽すぎるわりに迫力はかなりものです。

中山社長曰く、「テレビが薄くなるにしたがい、実は音はどんどん悪くなっている」とのことで、こうした補助的なスピーカーのニーズは高まっているようです。実際薄型テレビ、薄型PCの音には不満がある分、これは大いに納得です。

リモコンはスキャンすることで各メーカー対応可。「SONY用 TONY」の奇跡のコラボが見られるのはトニーショールームだけ!

話を伺う限りではSONYとはその後もものすごく良好なご関係であるようで、TONY立ち上げにはSONYの副社長もいらっしゃってました。

その他、国内大手電機メーカー向けのOEM事業も色々と進んでいるようで、お聞きした話は秘密なのですが、今後には大いに期待できるものがあると思います!


ここから先はHPでは知りえないハイエナズクラブ限定の激レア情報!一問一答式で行きたいと思います。

Q:「TONY 田町」などの検索ワードでこのサイトが出ることについて正直どう思いますか。トップに出てきて本当にすいません・・・。人気サイトですいません・・・。


A:ここで紹介されていることを知ったのは、実は上海からの情報でした。なんといいますか、見てみたら本当に紹介されていて驚きました。


Q:多分、田町の皆さんがみんな気になっていると思うのですが、「TONY」という名前の由来を教えてください。正直、最初見たとき「SQNY」を思い出しました・・・


A:元SONYのメンバーが多いので「SONYの次を目指して」という意味で名付けました。実はつい最近ロゴの商標登録もいたしました。また、TONYのNYは中国語の「You」で、「To You」の意味にもなります。結構名前のことを言われるので変えようと思ったこともあります・・・・


Q:こちらにはあまり人数はいらっしゃらないようですが、営業部門はお持ちなのでしょうか。

A:販売店がありますが、個人的に営業をお手伝いしてくれている方も居ます。ショールームで販売をしておりますし、ネット販売も今後可能になります。


Q:ここ田町にショールームを置かれた理由はなんでしょうか。ショールームを移転、もしくは増やすということはお考えではないのでしょうか。

A:ここはオーナーさんが知り合いで、その関係で貸してもらいました。当面はここだけでやっていく予定です。


Q:製品は見た感じ国内メーカーと比べて全く遜色ないのですが、部品の調達は現地調達なのでしょうか。

A:設計、製造共に上海ですが、部品調達は現地の日本メーカーからとさせていただいております。スタッフもオール日本人ですし、その中には国内有名音響メーカーOBも在籍しております。おっしゃるとおり、当然、製品は全く遜色ございません。


Q:ショールームの中が妙に赤い色のものが多いのですが、アレは何か理由があるのでしょうか。やっぱり中国っぽさとか・・・・。

A:近所のオフィス用品屋さんが「赤が目立つ」と言うので言われるがままにそろえたのですが、意図せず中国っぽくなってしまいました・・・・。


Q:レディガガのPVを色々見せていただいたのですが、やはりお好きなんでしょうか。

A:いえ、そうでもないです。しかもあれは海賊版です。


Q:あれは現地調達なのですね。

A:ええ、まあ、マライアキャリーが好きですね。



——本日は長い時間親切にご説明いただき本当にありがとうございました。実際のところ、ここまで安くて高品質であればPC用のスピーカーで買っちゃおうかなと思ってしまったのですがー、ええと、「ハイエナズクラブを見た」でお安くなることは

——ないですね。

——ありがとうございました

——どうも、ありがとうございました



田町ならずとも、東京の皆さま、是非是非トニー・ショールームへ遊びに行ってみてください!ふらっと立ち寄って音楽を聴いていく、そんなオフィス街のオアシス、トニーショールームがアナタをお待ちしております。コーヒーは行く前に飲んだタリーズよりうまかったです。

低価格、高品質のTONY社製品を、ハイエナズクラブは今後も勝手に応援していく予定です!(というか、僕は近々割りとマジで買ってみようと思っています)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする