元気ですか 連絡まつ村 2013 〜大阪・天王寺区下寺町編〜

シェアする

DSC_0823
The following two tabs change content below.
柴田プロ

柴田プロ

家賃49,000円。駅近、2階角部屋、バストイレ別、2K、広いベランダありの最高のアパートですが隣家からAVの音声が大音量で聞こえてくる物件に住んでいます。

元気ですか 連絡まつ村 2013 〜大阪・天王寺区下寺町編〜 | ハイエナズクラブ

こんにちは。柴田プロです。
本日の記事は、「連絡待つ村」シール特集です。

「連絡まつ村」とは ・・・ 大阪市内、複数エリアの電柱、壁等に多数貼られた壮年男性のシール。写真柄は数種存在し、貼付数と知名度のピークは2009年〜2011年くらいの間とされる。男性本人やシールの意味については諸説あるが、家出して捜索する家族が貼った説、借金取りが貼った説が有力。

シールのサイズは、

キャッシュカードサイズより一回り大きいもの、

カードより横幅が1.5㎝ほど狭いものが多い。 

↑の写真上部、はがされており見過ごしがちですが、特大サイズ(推定B5)も全盛期には存在したようです。

・・・・ふうん。

と言われればそれまでですが、ハイエナズクラブでは過去にもオッサン画像として取り上げたこともあり、今ふたたびのまつ村シール調査を行って参りました。

今回ご紹介するエリアは、大阪市天王寺区下寺町。 地名だけ言われてもなァ・・・ というあなたのために、大雑把な地図にてご説明。

北部の赤丸エリアが、関西以外の方でも聞いたことがあるであろう、大阪一の繁華街、「キタ」とよばれるところ。今回記事の調査地が南部の赤丸のあたりで、キタ、ミナミとは離れてはいるものの、交通至便で活気あふれるヤングシティ、天王寺です。(超余談ですが、昔、天王寺の商業施設のキャッチコピーで「大阪には、キタとミナミと、ラテンがある」というものがありましたが、誰しも天王寺をラテンと呼んでるのを聞いたことがない・・・)

そんなラテンのなりそこない商業施設が集まる駅前から10分ほど歩くと、お寺が密集するエリアに到着。

まずは松屋町筋と逢坂という大きな道路沿いから、シール調査を開始しました。

色あせが激しいが、

この目力。

大通りを離れた路地も探してみます。

「元気ですか」 の一言がプラス。

これは・・・パロディシールか?「・・をもってすれば即ち民も・・・」

こっちにもパロディ・・・というか宗教系?でも写真はまつ村・・・

メガネバージョン。どこか悲しげな表情。

大通り、横道とキョロキョロしながら採取してきたが、終盤、密集地帯に差し掛かることができました。清水寺というお寺の裏側にあたる住宅街の電信柱に、はがされてしまったものも含めて大量採取に成功。

かなり薄れて見づらいですが、「連絡まつ村」の文字。これが彼が「まつ村」と呼ばれる所以なんですね。

これも「連絡まつ村」。

淡い・・・。どれも劣化が激しいが・・・・

彼であることはわかるという・・・

一本の電柱に複数貼り!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が、天王寺区下寺町にて確認できた連絡まつ村シールです。このエリアの傾向は、

・電信柱の黄黒カバーに多く貼られている

・電信柱にはられていなくても、隣接する細い柱に貼られていることが多い

・標識、ガードレール、民家の雨どいも要チェック

採取エリアについてはざっと以下の地図の通り。シールが確認できる通りを赤い線、密集地帯を丸で囲んであります。これからシール探しに出かけるみなさんは傾向と併せて参考にしてみてね!

時間の許す限り調査を行ったつもりではありますが、このエリアだったらあそこにもっと貼ってあるのに!といった情報をお持ちの方はぜひご連絡をお待ちしています。 もちろんまつ村さんご本人からも!

「連絡待つ」!!!

・・・・・・予告・・・・・・・

「元気ですか 連絡まつ村 2013」は、・北区扇町編  ・北区天神橋編 ・淀川沿編 and more ! の複数回に分けてお届けします。各土地柄、シール密集地帯の考察や聞き込み調査を交えて、まつ村氏の実態に迫ります(命の危険を感じる場合には中止します) ご期待下さい!

※冒頭のサイズ比較写真は北区扇町で撮影されたものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする