天体ショーを楽しもう!

シェアする

120326
The following two tabs change content below.
スンギ派
炎上体質なのでお口にチャックしています。いつか話せるときがくるまで…!
スンギ派

最新記事 by スンギ派 (全て見る)

天体ショーを楽しもう! | ハイエナズクラブみなさんご無沙汰です。ハイエナズクラブ1の天体好きスンギです。

先週は金環日蝕でだいぶ盛り上がってましたね!

一人でプラネタリウムに行ったこともあるスンギとしましては、今回の天体ショーにはだいぶテンションを上げさせられましたよ。

でも天体ショーはなにも日蝕だけではございません。実は2ヶ月ほど前にも、ちょっとした天体ショーがあったのは皆さんご存知ですか?

これは2012年3月26日の西の夜空。

上から 金星、月、木星 が一直線上に並んでいるんですよ。

ケータイのカメラの粗悪な画像で恐縮ですがなかなか壮観ですよね。(仕事から帰ってデジカメ向けたら雲の中に隠れちゃいました)

実際の大きさは 木星>>>金星>月 なのに距離が遠いから地球からだと真逆の大きさに見えるんですね。うーんロマンチック!

さて、くだんの金環日蝕もしっかり早起きして見ましたよ。

スンギtwitterの徳の高いフォロアーの皆様にはいち早くcoolな画像をお届けしましたが、その時の反響たるや皆さんもうリツィート寸前!って感じでしたね!

いやーこんなこと言うとフォローしとけばよかった!なんて声が聞こえてきそうですけど、いやいや今からでも遅くないですよ。

スンギはフォロアー少ないので親切対応!フォロアーの皆様からは 「ツイートが適度に少ないからタイムランが荒れなくていい」 などの喜びの声も寄せられております。

夢はフォロアーいっぱいになって勘違いして、格言じみたつぶやきをすることです。

おっと脱線しましたねスミマセン。話を戻しましょ。

当ハイエナズクラブでもそのcoolな金環日蝕の画像を紹介したいと思います!

まずは日蝕の画像とその撮影奮闘記。

『おれの偏光サングラスは3マンだぜ?日蝕メガネなんていらんやろ』

そういって日蝕メガネをケチったおれ。だって1500円とか際どい値段なんだもん・・・

だからといって偏光グラスで太陽光様と戦える訳もなく・・・そこで考えついたのがこの技!

2つの偏光グラスを垂直に重ね、光を最大限に遮断する方法だ。

説明しよう!偏光グラスはブラインド状のフィルター構造になっており、横波の光を遮断するのだ!

その上に垂直に構えたもう一つの偏光グラスで縦波の光をも遮断すれば、かなりの量の光を遮断することができるのでっあーる!

顕微鏡に詳しい人にはクロスニコルといえばピンと来るかな。

おれはこれをポラライズクルスと名づけた。(クロスじゃなくてクルスなのはダイ大の影響です)

全然クロスっぽくないのはご愛嬌。(フィルターはクロスになってるんですよ!)

さぁ日蝕当日!おれは寝巻きのまま屋上へ駆け上がり太陽と対峙した。

『食らえ!ポラライズクルス!!』

『・・・・・・うわぁぁぁ〜!!目がぁー!目がぁぁ〜〜!!』

いやーハンパないね太陽光!

しかしこのまま引き下がる訳には行かない。おれは叫んだ

『ラナリオーン!』

するとどうだ、見る見る空が曇ってくるではないか。

叫んだのはウソだけど、曇ったのはマジだ。

雲とポラライズクルスの複合遮光技で、ようやく撮れたのがこれだ。 待たせてごめんよ!

どうだい?そこいらで見てきた画像とは一味ちがうだろう?

ちなみにおれが日蝕日蝕とWebで発言していると、

「日食じゃね?この誤字は釣りなのか?」

というご指摘を受けまして、アホと思われるのもシャクなので断っておきますが、 “日蝕” が本来の正しい使われ方なんですよ。

日食は新参!日蝕こそがホンモノ!といった具合に、上質を知るオトコの書き込みはまだまだ続くよ!

脱線続きで申し訳ないですが、ようやく日蝕の画像を披露できたところでひとつ、日蝕のちょっと面白い観察方法をご紹介しますね。

その名もピンホール日蝕!割と知ってる方もいるのかな。

これは小さな穴(ピンホール)から差し込む光がそのまま太陽の形に浮かび上がるという現象を利用した観察方法で、なんとも素敵な影絵が観察できるんです。

ピンホールは真円じゃなくてもいいので小さな穴のあるものならなんでもOK。自作も簡単にできますよ。(直に太陽は見ないでね!)

いい絵撮るために前日の夜、厚紙にポスポス穴を空けて作りました。どうだいマメだろう?

そしてこのしょっぽい厚紙の穴から差し込む光がこれだ!

ピンホールから欠けた太陽の形が映りこむ!(7:14の画像)

そして金環日蝕!!(7:30の画像)

金環が終わり・・・(7:36の画像)

月が過ぎてゆく・・・(7:47の画像)

なかなか乙なもんでしょ。

まとめるとこんな感じになります。

えっと、、、 画像データ整理してて気づきましたが、おれ“蝕”の字間違ってますね・・・・・・

なにが 『 “日蝕” が本来の正しい使われ方です(エッヘン!)』 だよ。上質を知るオトコなら食へんくらい旧字体で書けっつーの!

最後になんとも情けないオチで締めさせていただきましたが、皆さんいかがでしたか?

こんな観察方法マネしてみたい!って方がいらっしゃいましたら簡単ですので次回ぜひトライしてみてくださいね!

次に日本で金環日食が見られるのは300年後ですよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする