【府中本町】餃子戦線異常アリ!

シェアする

IMG_1359
The following two tabs change content below.
zukkini
ぼくはワンマン、まわりはイエスマン、ペットフードはドギーマンという感じで、我欲にまみれてダメになっていく組織を体現したいと思っております。

本日は東京都府中市にある、辺境餃子スポットの紹介です。

場所はJR武蔵野線・府中本町。空前の餃子紛争地帯と呼ばれる餃子他民族主義エリア・東京に新たなミサイルを撃ち込むのが本日ご紹介する「木の葉ぎょうざ」です。

「木の葉ぎょうざ」のバックにつくのが大手食品メーカー「モランボン」。府中を発祥の地とするこの韓国系食品メーカーが、自社製品である「皮」拡販のための拠点として建立した期待の星といっても過言では御座いません。

ぐだぐだ言ってもしょうがありません、それではいつものように潜入レポートを、手ぶれとピンボケ写真と一緒にご覧ください。

府中本町駅改札を降りるといまやカツアゲスポットとしてティーンに絶大な支持を受けるラウンドワンが見えますのでそちらを目指してください。

木の葉だけにそこの1階に見事なまでの気配の消し様でひっそりと木の葉ぎょうざは営業しております。

目印は「餃子6個200円」の看板。安い・・・!

餃子200円に餃子弁当は400円。魅力がある!

関東に限っていえば王将の餃子は6個220円という現状、さすがにこの値段は関東トップレベルの安さではないでしょうか。

木の葉ぎょうざの向かいには餃子の王将。後発の店舗にまさに王手を食らった格好です。

広い店内、安さに釣られた高校生、そして一人で来店してくるなり挨拶代わりに「ワイン」をオーダーする競馬帰りのプロの姿も。

ホッピー完備で府中を徘徊するプロの受け入れ態勢もバツグン!

「もつ煮」「ガツ刺し」「もやし」「とうふ」・・・・

餃子専門店にしてはやけに目に付くチープつまみが心に響く。

得意のピンボケで失礼します。

一般正解率0.4%の問題です。これは何のお酒でしょう。

正解はホッピーです。

なんとこの店、ホッピーを頼むと最初から内外混合で持ってくる奇特なサービスを展開。これには驚き「ホッピーたのんだんですけど!」とディナイの姿勢を見せてしまいました。

390円。まあ、安いのかどうかわかりません。

木の葉ぎょうざのラインナップ。なかなか安いのではないでしょうか。

「キムチ 200円」とメニューにありましたが、モランボン社製キムチは無料で食べ放題。キムチをオーダーしてトーシロー扱いされぬよう注意してください。

とうわけで木の葉ぎょうざでは、酒さえ頼めばつまみレスという奇跡のシステムが構築されておりました。ご活用ください。

醤油と酢でお好みのタレを作ることも出来ますが、ここは一つモ社自慢の「餃子のたれ」を楽しみたいところ。

水餃子、焼餃子ともに使える、水陸両用仕様です。味は少々パンチ不足。ポン酢っぽさがあります。

こちらが水ぎょうざ(6個) 200円。

いやあ興奮状態で写真を撮るのをわすれ、まさかの2個となってしまいましたが、こちらが焼きぎょうざ(6個) 200円。

ほんとにすいません!食べるのに夢中で写真を撮り忘れラスト1個となってしまいましたが・・・・!しそぎょうざ(6個) 250円。

******

いかがだったでしょうか。写真が汚すぎて全くつたわらなかったと思いますが美味いし、大きいし、安いし、広いし、静かだし、満足度は高いです。

三度の飯より昼飲みが大好きなハイエナズクラブ会員の皆さまならきっと気に入ってくれる餃子界の新勢力。府中本町へお寄りの際はどうぞ足をお運びください。

【お店情報】

〒183-0027 東京都府中市本町1-13-3 カネタビル1F

※JR武蔵野線・南武線 府中本町駅徒歩1分

ランチタイム:11:30〜15:00(ラストオーダー14:30)
ディナータイム:17:00〜22:00(ラストオーダー21:30)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする