カフェラテ・コレクション

シェアする

A (8)
The following two tabs change content below.
ケアムーラ
東京在住。18平米のワンルームでぬいぐるみと30人暮らし。自分のことは嫌いだけど自分語りは大好き!

お世話になっております。

皆さんはカフェラテ、お好きですか?

エスプレッソとミルクに砂糖、マンダムな気分になりますね。ラテアートも楽しいですよね。

本日はインスタ映え抜群のカフェラテ写真をご紹介します。

A (9)

まずはスタンダードなものから。よく売っているマウントレーニアのカフェラテです。

昔はマウントレーニアという名前の山だと思っていましたが、マウントは山という意味でしたので、山の名前としてはレーニアですね。

A (10)

100円ローソンのカフェラテ。280mlも入ってます。

1521270758476

今の2つの商品の成分表示の違いをご覧ください。マウントレーニア(左)の乳脂肪分は2.7%なんですが、100円ローソンのは0.5%。アイスクリームでもそうですが、通常は乳脂肪分が高いほどコクを感じます。

そして、原材料表示を見ると、使われているものが結構違うことが分かります。ここは沢山使っているものから順に表記します。(水は表記する必要はありません)

マウントレーニアは「乳製品」を一番多く使っているのに対し、100円ローソンの方は「コーヒー抽出液」を一番多く使っています。

dav

こちらはカフェラテエスプレッソですが・・・

dav

原材料欄にカラメルソースが含まれています。エスプレッソの濃い味わいを表現するのに使用されているんでしょうね。

また、栄養成分表示に100mlあたりカルシウム49mgとあります。一般的に牛乳は100mlあたりカルシウム110mgなので、このカフェラテは牛乳を半分弱くらい使っているのかなぁ、なんて思います。

以上の通り、原材料と栄養成分の表示を見ると、何がどのくらい使われていて、どんな味なのか、だいたい想像が付きます。

A (5)

こちらは「贅沢カフェラテ」です。贅沢な味わいを表現するために、乳脂肪分が高かったり、クリームを使用しているかな?なんて思いながら裏の表示を見て「ほうほう」と思い、実際に飲んでみて答え合わせ。短い人生、食べられる量・飲める量は有限ですので、余すところなく楽しみましょう。

A (8)

「ふんわりカフェラテ」。乳脂肪分たっぷりで牛乳を沢山使っていてコクがあってしっかりした味わいならふんわりとは名付けないかな・・・?とか想像できますね。ちなみにこれは1本50円でした。

A (4)

ファミマのカフェラテ。成分表示を見れば「ミルクたっぷり」の裏もとれるでしょうね。

dav

スタバのカフェラテ。人魚のカフェラテ。

dav

クリーミーでマイルドなカフェラテ・・・

2カップのカフェラテ・・・好みのカップは何カップですか?

ミルクたっぷりのカフェラテ・・・生乳が50・・・

A (11)

ボトラッテのカフェラテに愚息も没頭ラッテ・・・

B (1)

乳・・・飲・・・料カフェラテ・・・

B (2)

挟まれたカフェラテ・・・

B (3)

ダブルカフェラテ・・・

B (4)

癒しのカフェラテ・・・

B (5)

濃厚なカフェラテ・・・

dav

お店の看板の前でカフェラテ・・・

dav

抹茶ラテがすぐ隣で見てるのにカフェラテ・・・

dav

ちょっと一呼吸置いたカフェラテ・・・

dav

狭いところに閉じ込められてコク深いカフェラテ・・・

sdr

青空の下でカフェラテ・・・

sdr

満開の桜の隣でまろやかなカフェラテ・・・

sdr

勉強しながら歩いてる優等生にカフェラテ・・・

dav

ピンクの花びらに包まれたカフェラテ・・・

sdr

カフェラテは気付けばそこに・・・

E

沢山溢れている・・・

私からは以上です。

F

次回はフエラムネ・コレクションの予定です。

読者投稿、お待ちしております!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする