バス車内のインテリアは最高の癒し

シェアする

businterior00
The following two tabs change content below.
かとみ
千葉で素朴に暮らしています。一番好きなお菓子はふんわり名人きなこ餅です。

バス車内のインテリアは最高の癒し | ハイエナズクラブみなさんお疲れ様です、お元気ですか。疲労などはたまってないでしょうか。

私は疲労感がすごくて、通勤時なんかはだいたい白目をむいています。朝は本当に辛い。

そんな白目の毎日ですが、先日、通勤途中で疲れを和らげてくれる癒しスポットを発見をしました。

businterior01

バスの運転席周りです。このようにさり気なく飾っているアイテムを見かけた事はあるでしょうか。

例えば写真のようなゆらゆら動くおもちゃは、朝のぼんやりした脳に心地よい揺れを届けてくれ、白目をむいた無心の状態でも延々見ていられます。

私はこのバスのインテリアに包まれた穏やかな時間が大好きなんです。

ということで今回は疲れた心に癒しを、時には活力を与えてくれるバスのインテリアを眺めていきたいと思います。

リズムカルに揺れるソーラートイ

太陽光でゆらゆら動くソーラートイは、ダッシュボードを飾る上で外せないアイテムではないでしょうか。

あの心地良い揺れはまるで1/fゆらぎ。自然と頬が緩みます。

businterior02

こちらは梅雨の時期に見かけました。

雪だるまは季節外れのアイテムではありますが、見た目の涼やかさがとても良かったです。満員のじめじめした車内で、雪だるまの存在はまさにオアシス。

businterior03

こちらの飾りつけはソーラートイ1点のみ。潔い。シンプルな配置がゾウさんの可愛さをより一層引き立てていますよね。

businterior04

なんですかこの動き。人間のこと癒しすぎ。無駄にGIFにしたいくらい好き。

businterior05

賑やかな飾りつけに巡り合うと嬉しくなりますね。

あと団体でまとまった時のソーラートイのパワーはすごい。もののけ姫のこだま的な生命力を感じます。ただ神秘的だからといって凝視してると目が回って酔うので、こだま配置に遭遇した際はお気を付けください。

businterior06

そして左端の忍者にご注目ください。さり気なく外向きなんです。バス内だけではなく外への配慮も怠りません。なんて粋な計らいをする運転手さんでしょうか。

businterior07

上の写真と同じバスです。どうやら定期的に模様替えをしてるようですね。アイテムが増え、ディズニー縛りになりました。

そしてやはり1つを外へ向けるという徹底したこだわりっぷり。運転手さん、あなたって人は!運転手さんの細やかな配慮に拍手を送りたい。

インテリアとフタを同時に担う存在

businterior08

こちらは少し趣が変わって、人間の深層心理を表すような配置となっていました。

「穴を何かで塞ぎたい」衝動を体現しているのではないでしょうか。

businterior09

なし崩し的に、そして微妙に穴にハマりきってないオラフの哀愁感ごと味わいたい。

businterior10

別の日に見かけたものです。

穴を埋めたい。なんかスースーするから何かをハメときたい。とにかくそれが人間の心理なんです。

businterior11

千葉駅の駅長犬というマスコットなのですが、驚くほどバスの穴にぴったりきています。

「ひとまず穴がふさがって良かった〜」とほっと胸を撫で下ろしました。

ところでこの穴、一体なんなんでしょうか。

お客さんを見守るぬいぐるみ

businterior12

料金表示パネルにおサルさんが乗っていました。料金表示より目立つという罪な可愛さ。

しかしよく見るとこのおサルさん、手足は輪ゴムで縛られ、お中元のハムみたいのを抱えています。こわい。見れば見るほど分からない。でも可愛い。しばらく目が離せませんでした。

businterior13

バスと森の夢の融合です。隙間という隙間にみっちり詰まった動物のぬいぐるみに驚きました。

業務開始前に運転手さんがぬいぐるみを1つ1つ配置してるんでしょうか。想像するだけで微笑ましい。一度セッティングするところから見てみたいものです。

businterior14

ICカードSuicaのペンギンですね。

バックミラーの大きさと比べると分かるように、吊るすにしてはなかなかのサイズ感。視認性の高さからひと目でICカードでの支払い可能なことが分かるし、何よりでっかいペンギンは可愛いので一石二鳥です。

businterior15

ペンギンの隣には控え目にチーバくんがいました。多くのお客さんは目立つペンギンに気を取られて、チーバくんの存在に気づかないかもしれません。

吊るし型インテリアは見逃しがちなので、バスの天井は是非一度見上げていただきたいポイントです。

businterior16

そんな心持ちで天井を見上げたら、ミニーちゃんを発見しました。このセクシーなアングルはなかなか貴重ではないでしょうか。気づいた人だけのご褒美です。ありがとうございます。

気分があがるタオルのコーデ

businterior17

黒いボックス型の機械に乗っけてあるタオルです。家庭でもほこり避けのタオルを家具などにかけておきますよね。

バスに乗った際、このタオルの柄をチェックするのも楽しみの1つです。

businterior18

茶色のシックなタオル。

businterior19

ネイビーのボーダー柄。シンプルイズベスト。

businterior20

スーパーマリオ柄だー!やったー!

見た瞬間「今日はマリオのタオルだから仕事がんばろう!」と心が昂ぶったのを覚えています。弱った社会人のやる気を奮い立たせてくれてありがとう、マリオのタオル。

businterior21

ファンシーで可愛いタオル。やっぱりキャラものは気持ちが盛り上がってしまいますね。

ちらっと運転手さんの様子をうかがったら、寡黙そうな男性だったのもとても良かったです。心にファンシーを持ってる人はもれなく素敵に見えます。

businterior22

ピンクのタオルの上にリボンのカチューシャ。無機質な機械が女児のように可愛く見える不思議な現象が起こりました。

businterior23

そして隣にはガンダム。しかも外向き。色んな要素が合わさって感情が追いつきません。合わせ技一本!

おわりに

以上、バスのインテリアを見ていただきました。

癒しとして眺める以外に、アイテムの選び方や組み合わせ、配置などから運転手さんの人柄を考察するのも面白いポイントではないでしょうか。

また、趣味で飾ってるパターン、落し物がインテリアに昇格したパターンなど成り立ちを想像するのも楽しいです。

もし素敵なインテリアのバスに巡り合った際は、是非じっくりと観賞してみてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする