毎日のみたい かぞくの乳酸菌

シェアする

IMG_2214
The following two tabs change content below.
zukkini
ぼくはワンマン、まわりはイエスマン、ペットフードはドギーマンという感じで、我欲にまみれてダメになっていく組織を体現したいと思っております。

メーカー:株式会社ローソン

特徴:乳酸菌飲料、L・カゼイ入り(詳細不明)

メモ:ローソンストア100(ローソンの100円ショップ)で売られるローソンのプライベートブランド。製造元はホワイト食品工業(富山県)であり、同社が別名で出している商品のどれかをOEM供給しているものと考えられる。ちなみに、ローソンストア100が一番最初に出来たのが練馬区の中村橋店で、実はその記念すべきオープン時に、ボクは野菜の納入業者としてお手伝いに行き、ばっちりテレ東の経済ニュースに出てしまった。

※ホワイト食品工業は気になる会社だが、特に「必勝ホワイト乳酸菌家族」のエグいデザインがとても気になる。特攻隊かと。

【レビュー】

購入先:東小金井駅前 ローソンストア100

価格:8本入り168円にて購入。1本=21円

ヤクルト(35円)に比べると14円お徳。

この商品、1000mlパックのタイプもあるようだが、出来るだけ同じ条件で味わいたいので、今回はこちらのタイプ(ワンウェイ容器と呼ぶらしい)のものを。

8個パックの本体には「L・カゼイ」と書かれているが本体には「種類別 乳酸菌飲料」とだけ。一体何株なのかは不明です。とりあえず分かっているのは、ピルクルも使った「生きて腸まで届く」のヤクルト・キャッチフレーズがここでも使われておりますってこと。群雄割拠の乳酸菌飲料業界、むしろコレを書かないと「死んで腸に届く」と曲解されかねない事態になりつつあります。恐ろしいですね。

このウメヅ・デザイン。「大きくなる」という願いを込めたのか、スーパーマリオのキノコを連想させえるおしゃれなデザインですね。ただこれ、どう頑張っても剥がすときに絶対にきれいに剥がれないという欠点があり、3本トライして全部失敗。もう、歯であけるしかありません。

色。ヤクルト色からするとやや薄い。ラブミーエースほどではないが、薄ヤクルト色とさせていただきます。香りなのですが、残念ながら見事なまでの無臭。若干するのは謎の化学調味料のニオイ・・・・。味がこれまた薄い。ラブミーエースも「ヤクルトの半分の濃さ」と評したのですが、それ以下かもしれません。「チチヤスヨーグルト」っていうすぐ分離したがるヨーグルトがあるのですが、アレの分離した汁をやや甘くした味、というのが適切かもしれません。すっぱいんだこれが。

≪まとめ≫

:65ml

:薄ヤクルト色

:チチヤスのヨーグルトの分離汁の味

香り:無し

ヤクルト度:20(チチヤスのヨーグルトの分離汁)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする