ダサいメタルのCDジャケットを紹介します!【2015〜2016】

シェアする

フリーフォール
The following two tabs change content below.
ケアムーラ
東京在住。18平米のワンルームでぬいぐるみと30人暮らし。自分のことは嫌いだけど自分語りは大好き!

ダサいメタルのCDジャケットを紹介します!【2015〜2016】 | ハイエナズクラブ皆様こんにちは。

頭を一切使わずに読める記事シリーズとして、ダサいメタルのCDジャケット紹介、第二弾をお届けします。

2015年4月1日〜2016年3月31日発売の最新作からチョイスしました。メタルと言いつつ「ハードロック」に分類されるものも一部混じっておりますが、これは乳製品コーナーに置いてあるヤクルトとジョアのようなものですので、特に気にしないで下さい。
逃げ口上のようなイントロダクションは前回の記事に任せて、どんどんいきます!

■コルピクラーニ『コルピと魔術師達の宝玉』

コルピクラーニ
お腹が痛くなった白雪姫を病院まで運ぶ小人達です。

コルピクラーニ (2)

帯の「北の森に住む彼らが長い時間を経て遂に帰って来たのじゃ!!」は一体どの立場から言ってるのでしょう。長老ですか?

コルピクラーニ (3)

特殊なネタバンドの類ではありますが、「メタラーはロン毛かスキンヘッドの二択」「髭を編むひとがいる」という基本ポイントは押さえています。

■マグナス・カールスソンズ・フリー・フォール『キングダム・オブ・ロック』

フリーフォール
一瞬、先ほどのコルピクラーニのようにたいまつを持っているのかと思いきや、燃えているギター。こんな燃え方するんでしょうか・・・?

フリーフォール (2)

音楽を聴いて感じる高揚感を「熱い」と表現したりしますが、ストレートにマグマでその熱さを表現していますね。

フリーフォール3

FREEFALLの「A」がクリオネっぽい・・・

Amazonのレビューで、「ジャケットがアレなので」という理由で☆をひとつ減らしている方を確認したのを申し添えておきます。

■ロイヤル・ハント『デヴィルズ・ダズン』

ロイヤルハント (2)
先ほどのフリー・フォールは燃えさかるギターを手に持っていましたが、こちらはサラリーマンとおぼしき人そのものが燃えています。栄養ドリンクのCMにも使えそうですね。

ロイヤルハント

色鮮やかでちっともダサくないライブショット!

ロイヤル

キーボードの人が物凄く煙でいぶされてるのは気になりますが・・・

■ヴィニー・ムーア『エアリアル・ヴィジョンズ』

ヴィニームーア
今年52歳のギタリスト、ヴィニー・ムーアのインストアルバム。帯には「偉大なる高速戦士」とあるのですが、早弾きが得意ということです。恍惚戦士と言ってもいいくらいの表情ですね。

ヴィニームーア (3)

このギターの抱え方!モンハンではありません。シビれる!

■プレイング・マンティス『レガシー』

プレイングマンティス
PCエンジンのゲームの取扱説明書ではありません。2015年8月発売のCDジャケットです。

プレイング

トーキョウという曲もあります。歌詞を読んでも、全くジャケット絵と結び付かないですね。

■ルカ・トゥリッリズ・ラプソディー『プロメテウス 〜炎のシンフォニー』

ラプソディー
プロメテウスはギリシア神話の火の神ですね。

ラプソディー (2)

エメラルド碑文が入っています。こういう世界観を大事にするところはゲームとも通じたりしますね。(このバンドは、氷の戦士が暗黒の軍団を倒すためエメラルドの剣を探しに行く、といった歌詞世界なのでRPGメタルとも呼ばれています。)

■グローリーハンマー『栄光の宇宙大作戦1992』

グローリーハンマー
炎上リスクがありますのであまり過激なことは書かないようにしていますが、このバンドばっかりは、ネタであることを加味してもクレイジーなんですよね・・・

グローリーハンマー (8)

ボーカル、弱そうな聖闘士みたいな服着てるし・・・

グローリーハンマー (6)

宇宙ジュースの染みの気分とは・・・?

多分訳している方が意訳が絶望的にヘタクソなのだろうと信じたいです。

グローリー

隕石の上でゴブリンと戦うプロモーション映像

グローリーー

胸から攻撃! 雑な特撮モノみたいで良いです。
しかし全体的なイカレ感、これ絶対クスリやってるでしょ・・・

グローリーハンマー (9)

コカインだそうです。やったことないのでわかりませんが、腕が生える幻覚なども見られるようですね。

■ガルネリウス『アンダー・ザ・フォース・オブ・カーレッジ』

ガルネリウス

昭和の名アクションゲーム、魂斗羅ではなく、2015年12月発売のジャパニーズメタルアルバムです!

ガルネリウス (2)

まさに戦士・・・! ファイナルファンタジーIIIではありません。

ff3_l

(参考)

■摩天楼オペラ『バーニングソウル』

摩天楼
こちらも日本製です。個人的に大大大好きなバンドです。

摩天楼オペラ (2)

大大大好きなバンドですが、炎上リスクには気を使いたいところですが、これだけは言いたい・・・・・

摩天楼オペラ3

「裸で銅像になりきって街角羞恥露出」というAVを思い出す!!!

以上です。

音楽性に一切触れないCDレビューで恐縮です。

9枚

集合写真と・・・・

ヤサいメタル

おまけです。(ダサいならぬ、ヤサいメタルジャケット)

また来年やります!おすすめがありましたら是非教えてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする