なんか引っかかる店コレクション

シェアする

eyeIMG_2056
The following two tabs change content below.
赤祖父(赤ソファ)
青ソファ、黄ソファ、赤ソファの三色からなる「徳ソファ」から分離したうちの一人。三人がふたたび一人に戻るとき、大勝利が待っているという。

ええ、まず「なんか引っかかる店」って何だよ、という疑問、正しいと思います。

いきなりこうですと定義することもせず進めておりますが、そういう風に名前を付けて安心するよりも、モヤモヤしているほうが私は楽しいなと思ったりします。よって書いているほうもうまく説明できませんが、なんとなくニュアンスを掴んでいただけたら幸いです。

IMG_2056

中華 西洋軒

中華料理屋が中国と何の関係も無いし中国に行ったことすらない、というのも当たり前の時代。中華屋でカレーやオムライスが出るのも当たり前ですし、ドメスティック中華料理屋は洋食も包含した存在なのです。それに日本から見たらヨーロッパも中国も西だからおおまかに言えば何ら間違いではありません。

IMG_1662

高級フランス菓子 ジャポネ

ジャポネとは日本のことです。フランス菓子を扱うジャポネ。東京出身の千葉さんみたいなものでしょうか。余談ですが新橋にナポリタンで有名な「ポンヌフ」というお店がありますが、これはフランス後で「新橋」の意味だそうです。

11123701_1110376162322254_1953001913_n

博多ラーメン さいたま屋  阿佐ヶ谷店

お店の名前に地名が3つ以上入るとなんだか気になってきてしまう病に冒されているため、このようにご紹介します。結局お前は何なんだよというツッコミをしたくてしたくて仕方なくなるのです。

あと余談ですが、ここはもう潰れました。

IMG_9538

ザ★ラーメン 関西うどん

つのだ☆ひろ、SHINGO★西成、きゃぴりん☆きっく、などなど星が入る芸名などは増えましたが、ザ★ラーメンと言っておいてうどんを推してくるこの店、お店まるごと賭けた笑いを取ってくるという意味でただ者ではない“圧”を感じました。

ちなみにこの店ももう潰れてましたね。

IMG_3240

理容めがね

並列の看板にも「ヘヤーサロン メガネ」「BARBER 理容 めがね」とあります。「理容さんが営む眼鏡店」ではなく、レッキとした床屋さんだということがこれでようやくわかります。なんでめがねなんて付けたのか気になりますが、店主がめがねをかけていたら多分自分は笑いをガマンすることができないと思います。

IMG_6203

ミニジャンボ大福

このPOP書いてて何ら疑問に思わなかったのでしょうか。ミニだけどジャンボ。こういう引っかかり感、とても好きです。結局通常の大福と比べて小さいのか大きいのかかなり悩みます。

かつてとある女性が「手に入れろ、尾崎のジャンボ!」という名言を残しました。ミニジャンボもまた日本人が皆手に入れたい「中の上」意識にフィットするほどよいサイズなのかもしれません。

以上です。

皆さまも街で見かけた「なんかひっかかる」物件がありましら是非とも情報をお寄せ下さい。情報サイトの中の上、ミニジャンボあたりの位置づけを目指しつづけるハイエナズクラブがお届けいたしました。