【街角から】世界人類が平和でありますように【世界へ】

シェアする

DSC_0060
The following two tabs change content below.
金原みわ
あっちこっちに精力的に顔を出す男根崇拝トラベラー。珍しいものがあればなんでもヤル!でも処女です。

【街角から】世界人類が平和でありますように【世界へ】 | ハイエナズクラブそういえば、もうすぐ、誕生日を迎えるんです。

28歳になります。アラサー真っ盛り、周囲は皆結婚ラッシュ。

それを眺める私の目は腐ったフィッシュ、ダメ人間でこのまま人生フィニッシュ、

ああパトラッシュ、疲れたね。

どうもこんにちは。彷徨える子羊のみわです。

さて、人生に迷っているからかどうか分かりませんが、私は宗教文化が大好きだったりします。

ハイエナズクラブ内でも、キリスト看板のケーキを作ったり、キリスト看板が大量に貼られている救霊会館に巡礼してきたりしました。

宗教が持つ吸引力は凄いと思います。時に美的に、時に破滅的に、人を惹きつける何か不思議なエネルギーがそこにあります。

その正体を知るために、私は今日も、街に溢れる宗教を追いかけています。

今回は、私がここ数年集めている秘蔵コレクションを、満を持してご紹介したいと思います。

それは、 「世界人類が平和でありますように」看板です。

20140419-214248.jpg

ん〜素敵ですね。

白地に、黒。達筆で書かれた文字。

ただただ一途なくらい世界平和を訴えてくれています。

20140419-214334.jpg

この看板は、平和運動団体 World Peace Prayer Society によって推進されているものです。

アメリカはニューヨーク州に本部を持つこの団体。平和精神に共感する人々の手によって世界中にその運動が広まっています。

20140419-214204.jpg

例えば、寺社や仏閣、教会やモスク。

例えば、ピラミッドやマチュピチュなどの世界遺産。

例えば、国連本部、世界銀行、アラブ連盟本部などの国際機関。

あらゆる所に、平和のシンボルとしてこの「世界人類が平和でありますように」という看板が掲げられています。

その平和運動は、国も、人種も、そして宗教の垣根も越えています。

20140419-215216.jpg

ん?ただの平和のシンボルなら、これは宗教とは関係ないのでは?

という疑問が湧いた方もいるかと思います。

20140419-214511.jpg

実はこの「世界人類が平和でありますように」の祈りは、五井 昌久(1916年 – 1980年)という日本人が始まりなのです。

そして五井氏は、白光真宏会(びゃっこうしんこうかい)という宗教法人の開祖としても知られています。

白光真宏会は、この看板の言葉そのもの、ずばり「平和の実現」を目的とした宗教団体になっています。

20140419-214600.jpg

五井氏が亡くなられた後、白光真宏会は現会長の西園寺氏に引き継がれました。

そして、西園寺氏は先述した平和運動団体も引き継いでいらっしゃいます。

20140419-214903.jpg

宗教の垣根を越えた「平和」の根源もまた、宗教なのです。

なんだかこれって凄いことですよね。

IMG_9901

さて、この「世界人類が平和でありますように」看板ですが、様々なタイプを確認することができます。

●パネルタイプ

先ほどから挙げているパネルタイプが街角に一番数多く存在するものではないでしょうか。

場所も取らず手軽に貼れるため、民家の壁によくよく貼ってあります。

あまりにも手軽に貼れるため、その壁内で宗教同士が垣根を越えていることも多々あります。

20140419-214101.jpg

▲寺、八十八か所霊場、河内霊場、そして世界人類が平和でありますようにが共存

平和を更新するという概念があまりないのか、経年劣化によりバリバリに剥がれているものもあります。

20140419-214448.jpg

▲○○が平和でありますように。○○には、好きな娘の名前をいれよう!

こういった、隠れた世界人類の平和を探すのも楽しみの一つですね。

20140419-213843.jpg

20140419-214359.jpg

▲世界人類の上からガス管を設置

●ポールタイプ

続いては、ピースポールと呼ばれるポールタイプです。

20140419-214312.jpg

ある程度建立するための土地とお金が必要なことから、パネルタイプほど数は無いと思われます。

大学、企業、観光名所などに見受けられることが多いですね。

IMG_9900

中でも寺社仏閣にあるピースポールは、宗教の垣根を越える美しい光景を作り出しています。

DSC_0060

▲神社の御神体と、世界人類が平和でありますようにのコラボ

●ちょっと変わったタイプ

看板には縦書きが多いのですが、横書きのものもあります。

広島〜岡山で確認できたのですが、こちら、結構珍しいものだと思います。

20140419-214952.jpg

▲パート募集中の張り紙は縦書きなのね

この横書きタイプ、おそらく誰かがオリジナリティを持って作り直したものではないかと思われます。

実はこの平和運動、「世界人類が平和でありますように」という文言を使っていれば、表現する形は比較的自由でもよいのです。

公式ページでも、

木材、金属、石など、好きな材料で好きな形・大きさのモニュメントを作り、平和のメッセージをペンキ、彫刻など自由な方法で入れてもOK。独創性あふれるピースポールをつくろう!

(ピースポールを建てる より http://wpps.jp/peacepole/howto.html)

と書かれています。

そんなわけで、こんな物もあります。

20140424-153538.jpg

▲青×黄、丸文字、最高にポップ!

この看板があるのは大阪中崎町。中崎町といえば、レトロポップな雑貨屋さんや古着屋さんがあることで有名です。

そんなポップな街色に合わせた看板にしてみたのでしょうか。

そして今まで見てきた中で
一番大きくて
一番独創的で

一番インパクトがあったのが

こちらです、どうぞ。

20140501-013117.jpg

▲花屋さん

花屋さんです。世界人類が平和でありますようにと祈る花屋さんです。

全身全霊を込めて、世界人類の平和を祈っています。

DSC_0086

店名「はなにしき」よりも、「世界人類が平和でありますように」の方がインパクトがあります。

きっとご近所では『ちょっと世界平和行ってくるわ〜』などといった会話が繰り広げられているのでしょう。

近付いてみましょう。

20140419-213927.jpg

ん?

DSC_0085

そう、平和とは、宗教の垣根を超えるものなのです。

●●●●●

いかがでしたでしょうか。

同じ世界人類が平和でありますようにという言葉でも、こんなにもたくさんの表情を見せてくれるのです。奥深い世界ですね。

オリジナリティを持った件の看板を見つけた際は、是非みわまでご連絡ください。

街角から世界へ。
今日も、平和でありますように。

 20140419-214701.jpg

スポンサーリンク

シェアする

フォローする